銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2021年11月12日 定期公演

  • 狂言「千鳥」野村万蔵
  • 能「三井寺」柴田稔
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2021年11月12日(金)
  • 午後6時30分開演(午後6時開場)
銕仙会定期公演〈11月〉

狂言 千鳥(ちどり)

シテ 太郎冠者 野村 万蔵
アド 野村拳之介
小アド 酒屋 野村  萬
   

明日の神事に酒が必要になった主人は、太郎冠者にいつもの酒屋に行って酒を求めてこいと命じる。しかし、酒屋には今までのツケがたまっているので、太郎冠者は隙を見て酒樽を持ち去ろうと考え…。

——————〈休憩15分〉———————

能 三井寺(みいでら)

シテ 千満ノ母 柴田  稔
子方 千満丸 星  奏多
ワキ 園城寺ノ住僧 殿田 謙吉
ワキツレ 従僧 大日方 寛
御厨 誠吾
アイ 門前ノ者 能村 晶人
能力 野村万之丞
   
栗林 祐輔
小鼓 曽和 正博
大鼓 大倉慶乃助
     
地謡 鵜澤  光
青木 健一
谷本 健吾
長山 桂三
小早川 修
浅井 文義
観世銕之丞
西村 高夫
     
  後見 清水 寛二
  浅見 慈一

生き別れた我が子千満丸との再会を祈念する母が、今日も都、清水寺の観音にやってくる。その夜、母は夢告を得、我が子を探しに近江国三井寺(園城寺)へと向かう。

今夜は中秋の名月。三井寺では、住僧が一人の稚児を伴って、宴を催す準備をしている。

能力(寺で下働きをする僧)が僧に命じられ、月に興じて舞を舞うと、そこへ狂女となった千満の母がやってくる。能力は稚児に面白い舞を見せようと狂女を座敷に呼ぼうとするが、ここ三井寺は女人規制。しかし能力は自分の一存で狂女を招き入れてしまう。

澄み渡る月に心乱れ、僧の制止も振り切り、三井寺の鐘を撞き興じる狂女。月に寄せて様々な思いを述べ、故郷を明かすと、稚児は狂女を我が母だと気がつき、親子は再会を果たす。鐘の音に導かれた功徳を喜び、親子はともに故郷へと帰っていくのであった。

鐘の音響く三井寺を舞台に、詩的趣向に富む月の能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約