銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2019年05月10日 定期公演

  • 能「草子洗小町」浅見真州
  • 狂言「横座」石田幸雄
  • 能「春日龍神」安藤貴康
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2019年5月10日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)

銕仙会定期公演〈5月〉

能 草子洗小町(そうしあらいこまち)

シテ 小野小町 浅見 真州
ツレ 紀貫之 清水 寛二
壬生忠岑 泉 雅一郎
河内躬恒 小早川泰輝
官女 鵜澤  光
観世 淳夫
子方 天皇 谷本 康介
ワキ 大伴黒主 福王 和幸
アイ 黒主ノ下人 内藤  連
     
 
小鼓
大鼓
松田 弘之
曾和 正博
國川  純
     
地謡 谷本 健吾
長山 桂三
北浪 貴裕
馬野 正基
鵜澤  久
西村 高夫
浅井 文義
小早川 修
     
  後見 観世銕之丞
  浅見 慈一

内裏での歌合で小野小町と争うことになった大伴黒主。詠歌では小町に勝てそうにない黒主は、歌合の前日に小町の私宅へ忍び入り、盗み聞いた歌を万葉の草子に密かに書き入れる。

歌合当日、小町の歌が披露され、その出来が称賛されるなか、黒主は小町の詠んだ歌は古歌であると抗議し、証拠にその歌が書かれた草子を差し出す。万葉の歌に精通している小町は困惑するも、草子をよくよく見るとそこだけ墨つきが違うことに気が付き…。

和歌の徳がめでたく、華やかに描かれる能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

——————〈休憩10分〉———————

狂言 横座(よこざ)

シテ 牛主 石田 幸雄
アド 何某 野村 万作
小アド 石田 淡朗
     
  後見 岡  聡史

牛を拾った何某は、牛のよしあしを見分ける牛博労のもとへ。いなくなった牛を探していた牛博労は、何某の牛が自分の牛だと気が付くが、何某は買った牛だと主張するので、牛の名前を呼んで鳴いたら返してもらう約束をし…。

能 春日龍神(かすがりゅうじん)

前シテ
後シテ

龍神
安藤 貴康
ワキ 明恵上人 大日方 寛
ワキツレ 従僧 御厨 誠吾
野口 能弘
アイ 社人 飯田  豪
     
 
小鼓
大鼓
太鼓
栗林 祐輔
鳥山 直也
柿原 光博
桜井  均
     
地謡 青木 健一
観世 淳夫
谷本 健吾
長山 桂三
浅見 慈一
小早川 修
柴田  稔
馬野 正基
     
  後見 永島 忠侈
    清水 寛二

仏跡を訪ねるべく天竺への旅を決意した明恵上人は、暇乞いのため春日明神を参詣する。上人が春日明神に深い信仰を寄せ、明神からも厚く慕われていることを知る宮守は、日本を離れることは神慮に背くと言って上人を説き伏せ、入唐渡天を思い留まらせる。実は宮守は春日明神の告げを知らせに来た時風秀行なのであった。

 やがて春日山が金色に輝き、大地が鳴動して八大龍王が姿を現す。龍王は上人に釈迦の誕生、霊鷲山での説法、入滅の様子を眼前に現すと、猿沢の池へ消えたのであった。

 春日明神の威徳を壮大なスケールで描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約