銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2021年07月09日 定期公演

  • 舞囃子「小塩」野村幻雪
  • 狂言「水汲」野村萬斎
  • 能「藤戸」浅井文義
会 場
(全席指定)
日 時
  • 2021年7月9日(金)
  • 午後6時30分開演(午後6時開場)
銕仙会定期公演〈7月〉

舞囃子 小塩 (おしお)

シテ 在原業平 野村 幻雪
   

小鼓
大鼓
太鼓
一噌 庸二
飯田 清一
柿原 光博
三島元太郎
     
地謡 青木 健一
野村 昌司
浅見 慈一
観世銕之丞
柴田  稔

桜の名所として名高い京都大原山。この地で在原業平が詠んだ歌を花見人に説き、昔恋しいと嘆く老翁は、実は業平の霊であった…。春宵の山々を背景に語られる淡い恋の物語。舞囃子では業平が月下で后を思慕して語り舞う場面を見せる。

さらに詳しい解説は<こちら>から

 

狂言 水汲(みずくみ)

シテ 新発意 野村 萬斎
アド いちゃ 野村太一郎
     
  後見 内藤  連

いちゃという娘が野中の清水で洗濯をしていると、新発意(新米の僧)が茶の水を汲みにやってくる。新発意はかねてより思いを寄せていたいちゃに、小歌を歌いながら水を汲んでほしいと頼み…。

——————〈休憩15分〉———————

能 藤戸(ふじと)

前シテ
後シテ
漁師ノ母
漁師
浅井 文義
ワキ 佐々木盛綱 舘田 善博
ワキツレ 従者 梅村 昌功
則久 英志
アイ 盛綱ノ下人 高野 和憲
   

小鼓
大鼓
槻宅  聡
吉阪 一郎
國川  純
     
地謡 鵜澤  光
安藤 貴康
谷本 健吾
長山 桂三
 馬野 正基
 西村 高夫
 清水 寛二
 小早川 修
     
  後見 観世銕之丞
  観世 淳夫

源頼朝の家臣佐々木盛綱は、藤戸合戦で馬にて海を渡り、先陣を切った恩賞として備前国児島を賜る。

児島に赴くと、盛綱に息子を殺されたと訴え出るある老女。実は合戦で浅瀬を教えた漁夫を、盛綱は他言を恐れて殺害していたのであった。盛綱は泣き崩れる老女に亡き漁師の供養を約束すると、その夜水底から漁師の亡霊が現れる…。民の悲痛な嘆きと苦しみがリアルに浮かび上がる能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約