銕仙会

銕仙会

能の歴史

1 能楽以前

奈良時代、大陸から渡ってきた舞楽や伎楽など様々な芸能の中に散楽さんがくがありました。散楽は現在の大道芸のような、雑芸(手品や軽業、歌、演劇、舞踊など、種々雑多な芸)を主とするものでした。この散楽が、日本古来の滑稽な演技「俳優わざおぎ」と習合して、猿楽(のちの能)へと発展していく母胎となりました。「散楽」が音便で「さるがく」「さるごう」などと訛り、滑稽な要素も手伝って「猿楽」という字を当てるようになりました。
平安時代、こうして生まれた猿楽は、秀句(ダジャレなど)・物まね・寸劇などの滑稽な演技を主とする芸能でした。これが、現在の狂言へとつながっていきます。
鎌倉時代、猿楽が、滑稽な演技だけでなく、ストーリー性のある演劇的な演目をも上演するようになりました。これが、現在の能へとつながっていくことになります。
また、これと並行して、大寺院の法会のさいの魔除けや招福の芸能をも担うようになり、これが〈翁〉のもととなりました。この芸は、神聖な演技として非常に重視されていました。
一方で、この頃、もとは田植えや稲刈りなど農事に関連した芸能から発達した田楽でんがくも演劇を上演するようになっており、「猿楽の能」「田楽の能」が併存していました。

 


  次項へ >
1 能楽以前 | 2 室町時代 | 3 戦国時代 | 4 江戸時代 | 5 近現代

 

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約